視力回復にはコレです|怖いフィラリアも、薬さえ使えば治っていきます

怖いフィラリアも、薬さえ使えば治っていきます

黄色の錠剤

視力回復にはコレです

カプセルと錠剤

気づいたら愛犬の目が白くなってきている…!そんな状態になることがあります。
あなたも一度自分の愛犬の目をちゃんと見てみてください。
もし白く濁っていたら、それは「白内障」になってしまっている可能性があるでしょう。

では実際に白内障になってしまうと何が起こるのか?
白内障という病気は眼球の水晶体が酸化することによって起こる症状で、時間が経てば経つほどみるみるうちに白く濁るようになります。
もともとは透明のものが白く濁るので、当然視界はどんどんぼやけるようになり、最終的には完全に失明していきます。
白内障自体はフィラリアとは違って命には関わりませんが、何も見えなくなるので多大なストレスを犬に与えてしまうことになるでしょう。

もし白内障かもしれないと感じたら、しっかり薬を使い始めてほしいと思います。
ではどんな薬がもっともよく効くのか?
基本的に白内障を根元から治療するためには外科的手術が必要になりますが、「シーナック」と呼ばれる薬を使うことで白内障の進行を妨げることが可能です。
シーナックは毎日2回、朝と夕方に分けて使っていくことで効果を発揮してくれます。
半年くらい使用を続けたあとは、毎日2回を1回に減らして使用していきます。
ちなみに使用量を増やしても特に効果が強力になるわけではないので、無駄なことはしないようにしましょう。

また片目しか白内障の症状が出てなかったとしても、両目にシーナックを使うようにしてください。
そうすることで両目が同じくらいの視力になっていきます。
片目だけに使ってしまうと視力に偏りが出てしまうので、その辺は注意しましょう。