怖いフィラリアも、薬さえ使えば治っていきます

黄色の錠剤
カプセルと錠剤

視力回復にはコレです

便利な薬のなかにはシーナックと呼ばれるものがあります。シーナックは白内障の症状を和らげる効果をもたらすので、目が白く濁ってきたらすぐに使ってあげてほしいと思います。

手のひらの薬

予防薬を必ず使うこと

コンフォティスを投薬してノミなどの寄生虫を駆除しましょう。

大事な愛犬を死に至らしめる存在として凶悪なのが「フィラリア」と呼ばれる犬糸状虫です。
形状は細長く、メスになると30㎝ほど大きくなったりします。
犬の体内に流れる血管を通り、心臓や肝臓などあらゆる臓器に移動し繁殖を永遠と繰り返していきます。
つまり体中を蝕まれる症状になるので、フィラリア症には十分注意しておかなければいけません。

なおフィラリアは実際に感染しても、しばらくの間は特にこれといった症状が出てきません。
そのためフィラリア症の感染は早期発見がかなり難しいといわれています。
だからこそ犬の飼い主は、常にフィラリアから愛犬の身を守るためにフィラリア予防薬を使い続ける必要があります。

フィラリア予防薬をちゃんと使っていけば、フィラリアによる死亡リスクを確実に防ぐことが可能です。
実際にフィラリア予防薬として主に錠剤タイプやチュアブルタイプがよく使われていて、毎月1回のみの使用で全然OKです。
ただ1回のみだとうっかり忘れてしまう可能性がありますので、そうならないように自分でちゃんとフィラリア予防薬を使う日にちを毎月決めておいてください。

そして注意しなければいけないのが、フィラリア予防薬に関しては要指示薬ということ。
つまり必ずフィラリア予防薬を使用する場合は獣医師から血液検査をしてもらったり体重を計ってもらったりする必要があります。
理由はフィラリア予防薬の作用によって死んだフィラリアが血管に詰まってしまい、突然死んでしまうリスクがあるからです。
仮に毎年予防をしていたとしても、必ず血液検査を受けてからフィラリア予防薬を使うようにしましょう。

顕微鏡を使う女性

おすすめ記事

「怖いフィラリアも、薬さえ使えば治っていきます」の記事一覧です。